業務案内

河合工業は大阪府和泉市を拠点に近畿一円で下記の施工を請け負っております。長年の実績に基づく知識と技術を活かし、幅広いご依頼に対応しています。
日頃から紫外線や風雨にさらされている屋根や外壁は、気づかないうちに劣化が進行しがちです。雨漏りなどの発生を抑えて住宅の寿命を維持するためには、各種施工やメンテナンスが欠かせません。
弊社は「大きな責任をともなう仕事に携わっている」という使命感を胸に刻み、地域に暮らす人々の生活を守るために尽力してまいります。

屋根工事・葺き替え

台風などの自然災害や経年劣化によって傷んでしまった屋根を取り替えます。特に下地材までダメージが及んでいる場合に必要となる工事です。
近年、日本各地で大型地震が多発しており、屋根の損傷による暮らしへの影響が大きな問題となっています。被害の大きさに比べて修理業者の数が足りなくなることも多く、修理完了までに長い期間を要する場合もあります。
そこで注目を集めているのが、金属屋根を使う葺き替え工事です。金属屋根は一般的な瓦屋根の重さに比べて約10分の1という軽量の素材で、強度にも優れているのが大きな特長です。
大切な住まいを守るためにも、一刻も早い対策をご検討ください。

板金工事

屋根の頂上に位置する棟板金、玄関ドアに設置される“ひさし”、出窓の土台や外壁・基礎コンクリートの境目部分など、私たちの住まいには多くの金属パーツが使用されています。目立たないものの建物の安全性を守る、まさに“縁の下の力もち”と呼べる存在です。
一方で劣化の進行に気づきにくいためダメージを放置してしまい、建物内部への浸水による雨漏りなどのトラブルを招く原因になることも多々あります。
普段の生活ではなかなか確認しにくい箇所だからこそ、専門業者に点検をお任せください。

雨樋工事

雨樋には屋根に降り注いだ雨水を集めて排水する重要な機能があります。詰まりや破損を放置していると、雨樋からあふれた水が外壁に沿って流れることになり、劣化が早くなる原因になります。雨樋の異変に気づいたらお早めに弊社までご連絡ください。
修理が必要な場合、故障の原因によっては火災保険を利用できることがあります。保険適用が認められれば補償金が支給され、0円で施工できる可能性もありますので、すでに火災保険に加入しているお客さまはぜひお申し付けください。

外壁工事

建物の外壁を覆う外装材を「サイディング」といいます。従来の家づくりでは主にモルタルが使用されてきましたが、「施工に時間がかかる」「コストがかさむ」「ひび割れなどの経年劣化が発生しやすい」という課題を抱えていました。そこで登場したのが、セメント質や繊維質で構成されたサイディングによる外壁工事です。
モルタルに比べて工期短縮を実現できるほか、コストカットやデザイン性にも効果を発揮します。美観と機能性を備えた外壁工事にこだわりたい方はぜひご依頼ください。

塗装工事

住まいの美しさを保つと同時に外壁の寿命を維持するためには、定期的な塗装工事がたいへん重要です。塗装部分のメンテナンスを怠ると、防水効果の低下やひび割れなどの劣化によって建物内部への浸水が発生してしまいます。そのまま放置を続けると構造部分の腐食や雨漏りにつながり、最終的には大規模な改修工事が必要になることも考えられます。
大切なお家を守り、快適な生活を送り続けるためには、いかに被害を未然に防ぐかが重要です。プロの手による塗装工事をおすすめいたします。

シーリング工事

シーリングとは外壁同士の隙間、外壁とサッシの隙間、サッシと窓ガラスの隙間など、建物に存在する隙間を埋めるゴム状の目地材のことです。防水性・気密性に優れ、あらゆる隙間を埋めることができます。
「窓の隙間から水が入ってくる」「劣化が進んで、外壁の隙間がボロボロ」といったお困りごとはございませんか?目地材は一般的に5年を過ぎると劣化が始まるといわれています。水が浸入して建物の構造内部にまで影響が及んでしまうと、腐食が進み耐震性を損なうおそれがありますので、定期的な補修が必要です。些細なことでも、気になる点はお気軽に弊社までお問い合わせください。

各種防水工事

屋上・ベランダ・ひさし・サッシ・外壁などから建物内部に水が浸入するのを防ぐことで、建物の劣化を食い止める防水工事。建物の使用状況や基礎の状態などを入念に確認し、お客さまにとって最適なプランをご提案します。

防水工事は7年〜10年で塗り替えを行なうのがベストといわれています。建物は雨・雪・紫外線といった自然の影響を日々受け続けるため、次第に劣化が進みます。屋上や外壁などにひび割れ・剥がれがございましたら、お早めに当社までご相談ください。

お問い合わせ  施工実績